医療分野 福祉分野予想合格点 2017

(平成29年度2017)第20回ケアマネ試験 予想合格ライン 予想合格基準点について 

予想合格ラインの詳細分析をお届けいたします。

■【予想合格基準点 医療分野】

今年の得点分布は16点、17点、18点の受験生が多くなっており、第19回試験と比較すると、難易度は、易しくなっております。

平均点は16.16点でした。

過去の試験の平均点と比較すると2番目に易しい問題となっているようです。

イージーミス等は、挽回できなくなるので、ケアレスミスが合否の分かれ目となる受験生も多いと予測します。

 

表1医療分野  問題難易度順 問題番号から問題文と解説が読めます。

難易度 問題番号 難易度評価 点数 分類
1位 問題40 10 20点
2位 問題30 7 19点
3位 問題45 6 18点 中◎
4位 問題31 5 17点 中◎
5位 問題44 5 16点 中◎
6位 問題39 5 15点 中◎
7位 問題29 5 14点 中◎
8位 問題26 4 13点 中◎
9位 問題42 3 12点
10位 問題28 3 11点
11位 問題37 3 10点
12位 問題36 3 9点
13位 問題38 2 8点
14位 問題35 2 7点
15位 問題32 1 6点
16位 問題33 1 5点
17位 問題43 1 4点
18位 問題41 1 3点
19位 問題34 1 2点
20位 問題27 1 1点
 
中◎全問正解であれが限りなく合格でしょう!
 


 
■医療分野2017得点分布
 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考資料 2016医療分野得点分布グラフ

 

過去の平均点から1点を差し引いたあたりが合格ラインと推計します。

16.16点マイナス1.16点=15点 本来は、医療分野と福祉分野の合算ですが、目安として医療分野で15点が基準となると推計します。

 

過去の医療分野の平均点と合格点の関係

医療 結果 平均点 差(結果-平均点) 合格率
第20回 予想24点 16.16点 15点=(16.16-1.16) 予想15.5%
第19回 22点 15.42点 22-26.25=-4.25点 13.10%
第18回 25点  17.08点 25-27.37=-2.37点 15.60%
第17回 13点  13.91点 -0.91点 19.16%
第16回 15点  15.49点 -0.49点 15.46%
第15回 12点 13.39点 -1.39点 19.00%
第14回 11点 13.27点 -2.27点 15.30%

 

 

■【予想合格基準点 福祉分野】

今年の得点分布は、10点の受験生が多くなっております。

過去の問題と比べると、一番難しい問題と評価できます。(平均点比較)

平均点は10.26点でした。

 

表1 福祉分野  問題難易度順 問題番号から問題文と解説が読めます。

難易度 問題番号 難易度評価 点数 分類
1位 問題52 10 15点
2位 問題59 10 14点
3位 問題57 8 13点
4位 問題60 8 12点
5位 問題50 7 11点 中◎
6位 問題53 7 10点 中◎
7位 問題55 7 9点 中◎
8位 問題56 6 8点 中◎
9位 問題51 4 7点 中◎
10位 問題58 3 6点
11位 問題48 3 5点
12位 問題54 2 4点
13位 問題49 2 3点
14位 問題47 1 2点
15位 問題46 1 1点
 
中◎全問正解であれが限りなく合格でしょう!
 


■医療分野2017得点分布

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考資料 2016 福祉分野得点分布グラフ

過去の福祉分野の平均点と合格点の関係

注意 :第14回から第17回は受験生が医師等のため比較対象として不適当

福祉 結果 平均点 差(結果-平均点) 合格率
第20回 予想24点 10.26点 9点=(10.26-1.26) 予想15.5%
第19回 22点 10.83点 22-26.25=-4.25点 13.10%
第18回 25点 10.29点 25-27.37=-2.37点 15.60%
第17回 13点  12.48点 +0.52点 19.16%
第16回 12点 11.92点 +0.08点 15.46%
第15回 12点 11.43点 +0.57点 19.00%
第14回 13点 12.25点 +0.75点 15.30%

 



10.26点マイナス1.26点=9点 本来は、医療分野と福祉分野の合算ですが、目安として福祉分野で9点が基準となると推計します。過去の平均点から1点を差し引いたあたりが合格ラインと推計します。

医療15点福祉9点合計24点(内訳はこの限りではありません。14点+10点等他に多数あります)

合計24得点を合格基準とした根拠

過去のデータは比較に使いにくいです。比較データ数不足のため

理由1:合格率のばらつきおよび、受験生の属性変化(医師等→介護福祉士)

理由2:第18回と第19回の難易度は、同等なのに、合格点格差で2点の差が出ている点は、不可解です。

あくまでも推測ですが、第19回支援で合格基準点を12点に引き下げると、50%以下の正答率になるため、都合上13点にした。結果合格率が10%を切るため仕方なく、医療福祉を22点まで引き下げ合格率を調整したのでは???

第18回平均点  27.37点  結果→ 25点  差2.37点

第19回平均点  26.25点  結果→ 22点  差4.25点 

第20回平均点  26.42点  予想→ 24点  差(1.16点+1.26点)=2.42点で推計(福祉の難易度過去最高のため)

今年は、支援の問題を易しくして、支援の合格基準点を引き上げ、医療福祉を第18回なみの平均点との格差にとどめるのではと予想します。

医療+福祉は24点が予想合格ラインとします。

■医療福祉分野結論

・26点合格当確 (合格祝いの準備を!)

・25点合格当確 (ただし合格率15.5%を基準とした場合)

・24点合格当確 (ただし合格率15.5%を基準とした場合)

・23点合格率次第で合格の可能性有り。



支援分野予想合格ライン

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ